ドクター・スタッフ紹介

松山毅彦 理事長

昭和59年東海大学医学部卒業。
東海大学病院にて研修医となる。
昭和61年同大学医学部大学院(外科系・産婦人科)入学。
その後小田原市立病院産婦人科医長となる。
平成5年学位取得、東海大学付属大磯病院産婦人科に勤務、永遠幸マタニティクリニック副院長を経て、平成8年に厚仁病院産婦人科を開設する。
平成20年厚仁病院理事長就任
香川大学医学部臨床教授
東海大学医学部客員准教授
日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医

学位論文

「体外受精卵卵管内移植不成功例におけるHLA抗原系の解析と免疫療法」
体外受精卵卵管内移植(IVF-ETR:ZIFTに含めていることが多い)不成功例のHLA抗原系の類似性を検討しリンパ球輸注による免疫治療を行った症例の治療成績について述べた。

その他の論文(総説など)の一部

  • 「副腎皮質ホルモン療法により生児を得た抗燐脂質抗体症候群合併妊娠の一例」
  • 「わが教室で行なっている麻酔管理」
  • 「凍結融解胚盤胞移植におけるアシステッドハッチングの方法とその効果」
  • 「単一胚盤胞移植における妊娠率を向上させる方法」
  • 「単一胚盤胞移植の成績 凍結融解胚盤胞と新鮮胚盤胞との比較」
  • 「Clomiphene-RecombinantFSH刺激を用いた単一胚盤胞移植の成績」

松山幸世 産科・婦人科部長

昭和63年東海大学医学部卒業。
東海大学病院研修医となる。
その後、東海大学病院臨床助手(病院管理学、産婦人科に院内出向)、国立病院管理研究所にて研修(6カ月間、病院管理学)を経て、平成5年東海大学医学部助手(産婦人科)として勤務する。
平成 8年より厚仁病院産婦人科に勤務。