お知らせ

別館(生殖医療部門)に通院されている方へ

2020年4月1日 新型コロナウイルス感染症に関して、日本生殖医学会より声明が発表されました。
『新型コロナウイルスの母体から胎児への感染の可能性が不明であること』『妊婦において重症化の可能性があること』などから『医師は不妊治療を延期するかどうかを患者様と相談すること』及び『採卵を予定している場合はできるだ胚凍結をお勧めすること』などが推奨されています。
www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf
しかし、厚生労働省より発表された2020年4月1日付のリーフレットには『現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。』『胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません。』と記載されています。
https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000620977.pdf
以上の二つの発表を踏まえて、当院においては当分の間、以下の方針にて診療を行います。

1.当院では今まで通り診療を行います。

タイミング指導や人工授精、胚移植(胚盤胞)等、妊娠する可能性のある治療の継続または延期については医師と相談してください。
体外受精(採卵)は今まで通り行う方針です。

2.当院では今後も感染防止の努力を続けていきます。

医師およびすべてのスタッフはマスクを着用し、手洗い・消毒を行っています。
患者さまにおかれましても来院時にマスクの着用、手指の洗浄・消毒をお願いいたします。
来院時には受付にて体温測定をさせていただきます。

発熱・倦怠感・咳・味覚障害・嗅覚障害等の体調不良がある場合には来院をお控えいただけますようお願い申し上げます。
ご主人様も同様の対応をお願いいたします。

※ 今後の状況に応じ、内容を変更する可能性があります。
定期的に当院ホームページをご確認ください。